読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本地震と僕たちの未来

青い街

 

6月の始めに、震災後初めて熊本を訪れた。

飛行機から見る熊本は、まるでインドかどこかにあるブルーシティのようだった。

f:id:kogenekos:20160702002030j:plain

この青い家の数だけ、避難所での暮らしを強いられている家族がいると思うと胸が痛んだ。

今回は、一番被害の酷かった益城町を始め、南阿蘇村や熊本市内を中心に訪れた。

その時の感情を表すのにきっと言葉は足りないけれど、

テレビでも熊本の報道が少なくなり、一部では「熊本の被害は局所的でほぼ回復しつつある」という欺瞞に満ちたものを目にすることも増えたいま、

少しでも現状を他の人にも伝えたいと思って言葉を綴ることにした。

 

避難所

 

初日は御船町に新しく出来る避難所の整備を手伝った。

多くの避難者を集約出来るような大きな避難所を作成しているらしい。

復興は既に果たされつつある、なんていう報道はウソだった。

今なお多くの人が避難所に暮らし、段ボールの上で寝ることを強いられている。

 

その避難所では季節毎の注意点を掲示するらしい。

ボランティアの学生は夏の分を作り終えて、冬の分に取りかかろうとしていた。

それはつまり、避難所となっているこの体育館で、冬まで過ごさなければならない人がいるということだ。

小学校の記憶を思い起こしてみれば、冬の体育館がどんなに寒いかは想像に難く無い。

 

益城町

f:id:kogenekos:20160702012230p:plain

特に被害がひどいとされる益城町の様子は想像以上だった。

家屋が壊れた様子なんて、ニュースで見慣れていると思っていた。

 

最初見たとき、正直に言えば何の感情も湧いてこなかった。

今思えば脳が考えることを停止していたのだと思う。

それほどに家屋が壊れ、道路が割れている景色というのは衝撃的だった。

自分たちの今暮らしているこの空間が、どんなに脆いものであるかを知った。

 

f:id:kogenekos:20160702012224p:plain

 

 僕たちの未来

 

地震という不可知で不可避の災害と僕たちはどう付き合って行けば良いのだろうか。

益城町の避難所で聞いた言葉が印象に残っている。

地震が来ると言われていることは知っていた。しかし誰も本当に来るとは思っていなかった。何も準備はしていなかった。」

地震研究所に依れば、今回の地震の起こる確率は1%を切っていたらしい。

しかし地震について語る際、予測確率など何も意味が無いことを今回僕たちは身を以て知った。

 

東日本大震災による死者は15894人にも上る(2016年3月10日現在)。

その復興に費やされた予算は20兆円を超えた。

これからもその数字は増え続けるだろう。

対して、南海トラフの最悪のシナリオにおける予想死者は約33万人、

経済被害想定額は220兆3000万円である。

勿論原発事故が再び起こったり、東南海地震東海地震が連動する可能性もある。

原子力資料研究室の推定(眉唾ではあるが)では、浜岡原発全体で事故が起きた場合、

原発から風下70kmまでの範囲(静岡県の大部分)の住民が致死量の被爆を受けるという。

直接的な被害を受けずとも、復興に係る費用によって社会保障は麻痺するだろうことは容易に予想出来る。

 

 

1億2000万人全員が当事者意識を持つ事が求められている。

絶対に壊れない建物や道路を作ることは不可能だ。

南海地震が起きた場合、熊本地震や3.11のようにすぐに救助隊が駆けつけることは出来ないかもしれない。

全てを解決するような政策も技術もこの世には存在しない。

一人一人が、防災パックの用意や避難路の確認、タンスの固定など小さな努力を積み重ねることしか出来ない。

日本という地震大国に居を構える限り、我々は当事者であることを逃れられないのだ。

 

 

※全ての写真は筆者撮影による

 

臨界点を迎える現代と資本主義の限界

臨界点を迎えつつある現代

経済合理を過剰に追い求めてきた現代社会はもはや臨界点に達しつつある。

日本の金利は史上初のマイナスに設定され、国債に投資すれば必ず資産価値は上昇するという神話は崩れ去った。

国はLong Stagflationと呼ばれる長期的な経済停滞から未だ抜け出せず、景気の良い時代を経験した事の無い世代が中心になりつつある。

今の社会はどのように形成され、そしてどのように変わって行くべきなのであろうか。

曾ては一部の支配者階級のみの関心事であったこの問いはいま、深刻なリアリティを伴って僕らに差し迫ってきている。

 

資本主義の美徳〜ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を題材に〜

経済合理性への信仰は禁欲の美徳を失った資本主義が源泉と言えよう。

そもそも資本主義を構成する精神はカルヴァニズムの予定説を端緒とする。

カルヴァニズムにおける神は、人知を超えた絶対的な存在であり、人間の信仰などによって救いの対象を変えたりなどしない。

救われるか否かは人間には全くわからない事象なのである。

そういったある種の絶望とも呼ぶ事の出来る状況の中で人間は如何にして生きるべきか。如何にすれば救われるのか。

 

どうやっても神の予定を知ることが出来ない人間は自ら「救いの確信」を作り出すことで生に希望を見いだす。

禁欲的生活態度で、本能的快楽を克服し、不必要な消費を禁止する。自己を神の道具として、規律に従って勤勉な「営利機械」として生きる。

本当に神が自分を救ってくれるかなどわからないけれども、救いの確信を得るために勤勉さを以て日々を過ごす。

資本主義の原型はこのようにして始まったのだが、いつしか宗教的色彩を失い、単に生活態度として残るのみとなった。

その結果として現在の能率良い利潤の追求と資本の増大のみを目指す資本主義が誕生した。

 

ウェーバーによる『プロテスタンティズムと資本主義の精神』の議論を簡単にまとめればこんなところであろう。

 

資本主義の限界〜マルクスの『資本論』について〜

資本主義に対する批判で最も著名なものはマルクスによる『資本論』であろう。

資本論』ではまず商品の価値の分析から始まる。

商品には使用価値と交換価値の2つの価値が備わっている。

使用価値はその商品がどの程度役に立つか、交換価値は交換する際にどの程度のものと交換出来るかといったことを指す。

マルクスは商品の交換価値は費やされた労働量によって決まるとした。

この考えは労働価値観と呼ばれている。

 

同時に剰余価値といった概念も導入した。

世の中の人間は生産手段の有無によって2種類の人間に分けられる。資本家と労働者だ。

そして剰余価値とは資本家の利益であり、労働者の労働によって生み出された価値とその対価として労働者に支払われた価値の差分である。

例えば、一時間で1000円分の価値を生み出せる状態で労働者が10時間働き、対価として6000円を受け取った場合、剰余価値は4000円となる。

資本家は当然この剰余価値を増やす方向に自己の行動を決定する。

 

剰余価値を増やすには何を行えばいいのか。

1つには絶対剰余価値、もう1つには相対剰余価値を増やす事である。

労働時間の拡大は前者にあたり、賃金の引き下げや生産性の向上は後者に当たる。

絶対剰余価値の増加には限りがあるのだから、必然的に資本家は相対剰余価値を増加させるために努力=投資をするのだ。

ここまでの議論を整理すれば、

投資→生産性の向上→商品価値の下落→労働者の生活費縮小→給料の引き下げ→資本家の利益拡大→投資

といった図式にまとめられる。

資本主義経済では資本家に富が集中し、労働者は貧困に苦しむというわけである。

 

巨大資本家は、こうしてその数を減らしながら、この変容過程がもたらす一切の利益を奪い去り、独占していくことになるが、それと同時に巨大な貧困が激しさを増す。

 

マルクス資本論の中で述べている。そして資本論の最後は

 

資本制的私的所有の弔いを告げる鐘がなる

 

と締めくくられている。労働者たちによる革命が訪れるのだ。

このように19世紀には既に資本主義の誤謬は指摘されていたのである。

 

経済合理性を超えて

私はマルクス主義社会主義共産主義を支持しているのでは無い。

しかし同時に、自由資本主義を支持しているわけでは無い。

二値論理は卒業しなければならない。

資本主義というテーゼとマルクス主義というアンチテーゼの対立する構造を超えて、ジンテーゼを生み出さなければならない。

勿論容易い事ではない。不可能な事かもしれない。

しかし、資本主義の虚構が顕在化している今、我々が生き残る道はそれしかないのだ。

 

資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)

資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)

 
 

二度会うということ

人生は出会いと別れの連続だ。
一生を通じて付き合う友達なんてほんの一握り。
殆どの人とは人生の一部分を共有するだけで、その期間を過ぎてしまったらもう会わない。
 
 
旅先での出会いなど特にそうだ。
折角仲良くなっても、その旅が終わってしまえばそれきり。
旅はそんな出会いで満ち満ちている。
 
だからこそ一度出会った人と再び会う事の価値は大きい。
一度目よりも遥かに距離が縮まる。
 
旅先での出会いの場合は特にそうだ。
日本にいるというだけで、同じコミュニティであるということだけで二度会う人とは比べ物にならないくらい親しくなれる。
過ごした時間は数日間でも、まるで旧友のように再会を喜ぶ事が出来る。
 
 
街路の桜が咲き始めた。
春の訪れを感じる。
出会いと別れの季節が今年もまたやってくる。
 
 
 

何もしないということ

3度目のヤンゴンを訪れていた。
現在は、次の目的地であるホーチミンに向かう途中。
バンコクでトランジットの時間を過ごしている。
 
 
ヤンゴン空港の目の前は広大な更地になっていた。
巨大なショッピングモールでも出来るのだろうか。
空港を出て、少し歩いてからタクシーを捕まえ、ヤンゴン市内へ向かう。
 
 
ヤンゴン市内の路上には所狭しと露天が並んでいる。
昼間っから良い歳した大人が紅茶を飲み、仲間と談笑している。
何を話しているのかなどまるで分からないが、皆楽しそうだ。
 
 
ミャンマーの雇用不足は深刻だ。
昨今急激な成長を遂げていると言うが、依然としてGDPは10億円に満たない。
そこら中で職業は足りていない。
 
大学を卒業しても、きちんとした給料の出る職に就く事は難しい。
そもそも高校から大学に進学出来るのは大体3割くらいだそうだ。
そうして定職のないまま社会に出た大人は、朝から茶屋で無職仲間との会話に花を咲かす。
無職でも、皆で居れば怖くないとでもいうように、彼らの顔には不安げな色など一切無く笑顔が溢れている。
豊かな国と言われる日本で、毎日何かに追われるように過ごしている僕たちからしてみれば、どこか異様な景色かもしれない。
愚かだと嘲笑う人もいるだろう。
しかし、毎日何もしなくても楽しそうな彼らのことをどこか羨ましく思う自分がいる。
資本主義に巻き込まれて経済が発展していくうちに、いつしかこうした景色も失われていくのだろうか。
そんな日常が失われてしまう前に、少しだけ彼らの何もしない幸せを僕も分けてもらう事にしよう。
 

変わらぬもの

 
2015年が始まってすぐ、1月11日に成人記念同窓会があった。
高校を卒業してから初めての同窓会であった。
卒業式後、1度も会ったことのない友人も多く、楽しみにしつつも少し不安な気持ちを抱えながら当日を迎えた。

 

当日の集合は開場時刻よりもだいぶ早めだった。
高校時代は皆遅刻が当たり前で、時間通りになど誰も来ないと思っていたからだ。
しかし、そんな予想は全くの的外れで、集合時間の15分前にはロビーから溢れ出そうな程の人数が集まっていた。
それだけ皆も楽しみにしていたということだろうか。

 

 
久しぶりに会った旧友たちは、小奇麗なスーツに身を包み、流行りの髪型をしていた。
その姿は何処か大人びて見え、まるでマトモでオトナな人間になってしまったかのようだった。
彼らがくしゃくしゃのワイシャツを着て、その上に埃まみれの学ランを羽織って、くだらない事で騒いでは学校に迷惑をかけていたなんて誰が想像出来るだろうか。
外見だけでなく中身まで変わってしまったのではないか、話す内容が高尚なものになってやしまいかと開会の前は心配していた。
結局は全くの杞憂であったのだが。

 

 

集まるや否や、会議室の多くあるロビーで騒ぎ始め、統率などまるで取れないままに会は始まった。
彼らが一個として動けるのは体育祭の時だけであるのは言うまでもない。
何の情報量もない、バカで下世話な話を楽しそうに話すその姿は高校時代と何も変わらなかった。
大学では見ることのない光景であった。

 

 

世の中のあらゆるものは時の風化を免れ得ない。
しかし、その中でも変わらないものは確かに存在する。
中学高校という青春時代を共に過ごした僕らの中には、否応もなく同じような価値観、感性が形成されてしまっている。
その価値観や感性に、時には悩まされ時には励まされ僕たちはこれからも生きていくのだろう。
そんなことを同窓会の中、一人感じていた。